ブログトップ

ガンジンのように

smdbvsk.exblog.jp

<   2009年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日本の開祖って言ってもいいかも

鑑真(がんじん、鑒真、鉴真、Jiàn zhēn 688年(持統天皇2年) - 763年6月25日(天平宝字7年5月6日))は、奈良時代の帰化僧。日本における律宗の開祖。俗姓は淳于。
唐の揚州江陽県の生まれ。14歳で智満について出家し、道岸、弘景について、律宗・天台宗を学ぶ。律宗とは、仏教徒、とりわけ僧尼が遵守すべき戒律を伝え研究する宗派であるが、鑑真は四分律に基づく南山律宗の継承者であり、4万人以上の人々に授戒を行ったとされている。揚州の大明寺の住職であった742年、日本から唐に渡った僧栄叡、普照らから戒律を日本へ伝えるよう懇請された。
[PR]
by mxdnbske | 2009-08-28 14:37